更新1230■THE SLITS_OFFICIAL T SHIRT■予約最終告知

0

     

    先週の15日から東京では上映開始された"THE SLITS_HERE TO BE HEARD"MOVIE。なんと、このタイミングでCATANAからSLITSとのコラボレーションTシャツの発売が決定。CATANA MORRIO氏がThe SlitsのベーシストTESSAと打ち合わせを重ね、シンプルなロゴを落とし込んだTシャツが2種類が2019年1月にリリースされる事となった。ご予約のお客様には、25mm倫敦缶バッジが購入特典としてプレゼントされる。公式アイテムとしては、なかなか世に出ないブツだと思うので、ファンは元より70's PUNKのアイコンの一つとしてガールズバンドの最高峰として是非とも手に入れたいアイテムである。バックネックのプサイズプリントもSLITS仕様という芸の細かさ。尚、特典缶バッジのデザインはランダムとなりますので、あらかじめ御了承ください。予約締切は、2019年1月5日(土)正午まで。発売は、2019年1月中旬を予定しています。映画と合わせて是非ともどうぞ。

     

    ■SLITS_Kaminari Logo T-shirts■

     

    ■BODY COLOR:WHITE,BLACK,SAND,RED
    ■INK:BLACK (GILDAN社製5.3 oz)FRONT PRINT

    サイズ採寸値(メーカーが提示している数値ですが、ボディによりばらつきがある事をあらかじめご了承下さい。)

    X SMALL 着丈61cm身幅43cm袖丈15cm  
    SMALL 着丈67cm身幅47cm袖丈20cm ; 
    MEDIUM 着丈70cm身幅50cm袖丈20cm 
    LARGE 着丈73cm身幅53cm袖丈20cm 
    X LARGE 着丈75cm身幅56cm袖丈20cm 
    XX LARGE 着丈77cm身幅59cm袖丈21cm

     

     

    ■SLITS_Thunder Logo T-shirts■

     

    ■BODY COLOR:WHITE,BLACK,KHAKI,SAND
    ■INK:BLACK (GILDAN社製5.3 oz)FRONT PRINT

    サイズ採寸値(メーカーが提示している数値ですが、ボディによりばらつきがある事をあらかじめご了承下さい。)

    X SMALL 着丈61cm身幅43cm袖丈15cm  
    SMALL 着丈67cm身幅47cm袖丈20cm ; 
    MEDIUM 着丈70cm身幅50cm袖丈20cm 
    LARGE 着丈73cm身幅53cm袖丈20cm 
    X LARGE 着丈75cm身幅56cm袖丈20cm 
    XX LARGE 着丈77cm身幅59cm袖丈21cm

     

    購入特典として上記デザインの非売品25mm倫敦缶バッジがランダムにプレゼントされる。

     

    こちらの商品は、予約品になります。

    予約締切は、2019年1月5日(日)正午まで。

    発売は、2019年1月中旬を予定しています。

    当店特典として、購入者全員に非売品缶バッジ(25mm)をプレゼント。#柄は選べません

    ご予約商品は、受注会終了後のご注文のキャンセルが出来ません。あらかじめご了承下さい。

     

    ご予約は以下からどうぞ

    ■THE SLITS_OFFICIAL T SHIRT■

     

    皆さんのご注文をお待ちしています。

     

    よろしくお願い致します。

     

     

    国内上映も残すところ、あと僅か。お早めに!

    『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』
    
    「私は人に好かれようと思ってここにいるのではない。私は人に聴いてもらうためにここにいるの」-アリ・アップ(スリッツ)
    「これは超低予算の中、情熱だけで作られた作品。この映画は正直で残忍で、生々しいエモーションに満ちている」 -テッサ・ポリット(スリッツ)

     

    世界初の女性のみのパンクロック・グループ、スリッツの歴史を 70 年代中ご ろのバンド結成時から、解散以後のメンバー個々のストーリー、2005 年の再結 成、そして 2010 年、本作の制作中に癌でヴォーカルのアリ・アップが亡くなる までを追ったドキュメンタリー映画。アーカイヴ映像や初めて公となる写真の 数々、メンバーの証言やファン、スリッツに影響を受けてきた面々のインタビュ ーで構成された本作。インタビューはスリッツの多くのメンバーたちのほか、ROXY CLUB の DJ でありパンクドキュメンタリー作家のドン・レッツ、アルバム 「CUT」のプロデューサーであるデニス・ボーヴェル、ポール・クック(THE SEX PISTOLS)、ジーナ・バーチ(THE RAINCOATS)、アリソン・ウルフ(BRATMOBILE) など多岐にわたり、スリッツが如何に進化し、世界中の人々に影響を与えていっ たかを描いている。監督は 2011 年のデビュー作であるバンド「KARP」のドキュメンタリー映画『Kill All Redneck Pricks: A Documentary Film about a Band Called KARP』のウィリアム・E・ バッジリー。

     

     

     

     

     

     


    監督・脚本・撮影・編集:ウィリアム・E・バッジリー 出演:ドン・レッツ、ヴィヴ・アルバータイン、ポール・クック、アリ・ アップ、デニス・ボーヴェル、テッサ・ポリット、ケイト・コラス、バッジーほか

     

    2017 年|イギリス|86 分|カラー|G|原題 HERE TO BE HEARD: THE STORY OF THE SLITS提供:キングレコード 配給/宣伝:ビーズインターナショナル © Here To Be Heard Limited 2017

     

    http://theslits-l7.com  同時公開『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile


    mobile

    qrcode
    © COPYRIGHT 1997-2018 FUÜDOBRAIN. All Rights Reserved.