EXCEL JAPAN TOUR 2018

更新1203■POSSESSED SHOE_SKATE GANG SHADOW WINDS■販売告知

0

     

     

    スケートシューズであって、カジュアルシューズの万能靴が今回のコレだ。ヤギの頭をもった悪魔バフォメットを彷彿させるこのシックな佇まいに、子供達は泣き叫び、メタルヘッズの気持ちは揺さぶられる。モルタルブラックの様相が、このシューズの存在理由に拍車をかけている。ビジュアルの良さ、ハイクオリティな素材、履いて得られる安心感と足ざわり。提示された条件下でいかに価値を見出すのが、作り手の使命であって、全責任を持ってリリースにいたる。履く人が快適に使用できる環境は整えた。スケーターの方はもちろん、そうでない方へも必ずやフィードバックされるだろう。飽きのこないシューズとして認知された事が、第3弾まで発売される由縁である。在庫のないサイズは、お取り寄せ可能です。

     

    ■POSSESSED SHOE_SKATE GANG SHADOW WINDS■

     

     

     

    幸運にもPOSSESSED SHOEからスリッポン・シリーズ第3弾としてオール・イン・ブラックバージョンが誕生する。履き心地やその機能面において、後世に影響を及ぼす初代SKATE GANG発売から半年余りでこの展開は決して早急ではなく、お客さんからの信頼を得た証拠であり、品質が価格を上回った結果であろうと思う。SKATE GANGは、リリースを重ねるごとに実は小幅なバージョンアップを繰り返している。指先、かかと部分に使用されていたスウェード素材をヌバック素材へ変更。ヌバック素材の特徴として、柔らかく耐久性に優れ丈夫で長持ちする。また、汚れに強いという他の素材にはない良い部分を備えている。

     

    オーリーパッド部分はヌバックの2重構造になっているので、厚みが増し更に耐久性が高くなり穴が空きづらくなった。履き口部分には発散性が高く摩擦に強いマイクロファイバーを使用。汗を発散し靴の中の群れを抑えるとの事である。

     

    SHADOW WINDSと名付けられた、今回のカラーリングは、今までのカラー展開の中でも一番の目を引き、スペックも上がり、満足のいく理想の形となっているのではないだろうか。シャープな印象もこのカラーならでは。口先だけでないのは、絶えず製品をリリースし続け、利用して頂けている方からの厚い評価の身の証である。

     

     

    スリップオン・スニーカーは70年代後半カリフォルニアのユース・カルチャーから派生してこの世に生まれる。同時代のスケーターやBMXライダー、そしてパンクロッカーやアンダーグランドミュージシャン達からの圧倒的な支持を受け、のちに世界的に人気を博したオールドスクールシューズの一つ。シンプルな作りゆえにあらゆるコーディネイトに合わせやすい万能のカジュアルスニーカーとしてポピュラリティを携え、爆発的な人気を勝ち取る事となる。

     

    スリップオンは足を滑り込ませるというその言葉通り紐が無く突っ掛ける手軽に履きこなせるシューズとして多くの人に広く受け入れられる。容易に脱ぎ履きが出来る事から愛用者からの定評も高く、グリップ力、柔らかく馴染むソールなど、スケートする事にも十分耐えられる圧倒的な耐久性は、多くのスケートボーダーにも愛用者がいます。従来のスリップオンのわずかなデメリットを解消した"SKATE GANG"は脱げずらく安定した装用感を従えた丈夫に設計されたシューズである。生地や縫製にもこだわるPOSSESSED SHOEならではの緻密な構造テクニックと革新的アイデアのなせる技である。

     

     

     

     

     

    素材のヌバックは、革の厚みを保持したまま、キメの細かさを持ち合わせた革の内側を起毛しており、スウェードよりも毛足は短めになるため、表面の革らしいツヤ感と滑らかさが強くなります。また、ほとんどのシューズに共通するシューズを長持ちさせる簡単なケアとして、防水スプレー処理をすることで、水をはじきホコリや汚れから保護される。

    スケートシューズとしては、プッシュで路面を蹴り出す時、爪先側に体重を掛ける動作をした時に踵の浮きを最小限に抑えるデザインであり、オーリーパッド部分はヌバックの2重構造なのでスエード素材に比べ、素材のダメージを受けにくくタフな作りなのが、最大の特徴です。安定した履き心地と足への負担も軽減しホールド性も高いこちらのスニーカーは、スリップオンフリークの方々は勿論、スリップオンに馴染みの無い方にも納得の満足感に浸る事ができるであろう。

     

     

     

     

    ・CONCEPT
    本格的なスケートボードライディングに耐えられる耐久性と機能を持ち備えた、シンプルなデザインは、履く人を選ばないシューズブランド。

    ・DOUBLE LAYER OLLIE PAD
    OLLIEにより削れ易い靴側面部分が2層構造になっています。
    耐久性が高く本体に穴が貫通しづらくなっています。

    ・OUTSOLE and INSOLE
    アウトソールにはガムソールを使用しています。
    ワッフルパターンを採用することによりグリップ性、柔軟性が高くなっています。
    インソールには衝撃吸収性の高い高密度発泡ウレタン素材を使用。
    土踏まずからかかと部分は、ハニカム構造になっており耐久性と発散性が高い。

     

    PROFILE:

    1980年代後半、ブランドディレクターは当時聴いていたハードコアパンクの延長線でスケートボードに出会う。
    スケートボードに取り憑かれながらも80年代の終わりにはハードコアパンクバンドTHE SCUMBAGを結成しバンドは2年間活動する。当時日本に少なかったアメリカンハードコアスタイル、スケートロック寄りのサウンドスタイルがシーンで評価される。90年代中頃より東京のスケートボードブランドT-19のライダーを中心にOPIOID VIDEOシリーズのパートとしてスケートボードの映像制作を始め、2001年までに5本のVIDEOを制作する。並行して90年代終わりにESOWと共にスケートアパレルブランドRGOAを立ち上げる。2000年にはPRO-KEDS社との共同開発による国内スケートシューズブランドTRANSMITを発売する。2001年までにESOW,ZIZOW,KIKS達のプロシグネーチャーシリーズを含むスケートシューズを発売するがTRANSMITは2002年にクローズ、RGOAは2007年にクローズ。その後本格的なアパレル等の工業生産を経験。
    TRANSMITでのシューズデザイン経験を活かし2016年にPOSSESSEDを立ち上げる。今もスケートボードに乗り続け、プロダクトテストは必ず自らも行う。現在はSKATEBOARD WEBメディアVHS MAGにてコラム"スケートボード温故知新"も執筆中。

     

    ■MATERIAL:NUBUCK x MICRO FIBER
    ■COLOR:BLACK
    ■SIZE:6inch(24cm),6.5inch(24.5cm),7inch(25cm),7.5inch(25.5cm),
    8inch(26cm),8.5inch(26.5cm),9inch(27cm),9.5inch(27.5cm),10inch(28cm),10.5inch(28.5cm)

     

    ご注文は以下からどうぞ

    ■POSSESSED SHOE_SKATE GANG SHADOW WINDS■

     

    引き続き、皆さんのご注文をお待ちしています。

     

    よろしくお願い致します。

     

    https://www.facebook.com/possessedshoe/

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    L7+THE SLITS MOVIES

    selected entries

    archives

    links

    profile


    mobile

    qrcode
    © COPYRIGHT 1997-2018 FUÜDOBRAIN. All Rights Reserved.