更新0827■F-LAGSTUF-F_ "Cherry....." HOODIE 【FUUDOBRAIN別注アイテム】■販売告知

0

     

    F-LAGSTUF-F今季人気デザインCherry...のFUÜDOBRAIN別注モデル入荷をしました。レギュラー品とは異なり両袖にもプリントを施したデザインになります。こちらは、FUÜDOBRAINのみの取扱商品となります。ワンショット生産のため、ご希望の方はお早めに。

     

    ■F-LAGSTUF-F_ "Cherry....." HOODIE WHITE【FUÜDOBRAIN別注】■

    ■F-LAGSTUF-F_ Cherry..... HOODIE WHITE【FUÜDOBRAIN別注】■

     

    ■F-LAGSTUF-F_ "Cherry....." HOODIE BLACK【FUÜDOBRAIN別注】■
    ■F-LAGSTUF-F_ Cherry..... HOODIE BLACK【FUÜDOBRAIN別注】■

     

    ■MATERIAL:COTTON 100%
    ■COLOUR:WHITE,BLACK

    ■サイズピッチ(若干の誤差はご了承下さい)
    SMALL  着丈62cm 身幅52cm 肩幅44cm 袖丈57cm 
    MEDIUM 着丈66cm 身幅55cm 肩幅48cm 袖丈60cm 
    LARGE  着丈70cm 身幅58cm 肩幅52cm 袖丈61cm
    X LARGE 着丈75cm 身幅63cm 肩幅55cm 袖丈62cm

     

    ■F-LAGSTUF-F_ COTTON KNIT CAP "FLSF"■
    FS-63FS-63FS-63



    ■MATERIAL:COTTON 100%
    ■COLOUR:OD,NAVY,BLACK

    ■SIZE:ONE SIZE

     

    ご注文はこちらからどうぞ

    ■F-LAGSTUF-F_ "Cherry....." HOODIE WHITE【FUÜDOBRAIN別注】■
    ■F-LAGSTUF-F_ "Cherry....." HOODIE BLACK【FUÜDOBRAIN別注】■

    ■F-LAGSTUF-F_ COTTON KNIT CAP "FLSF"■
     

    引き続きご注文をお待ちしています。

     

    よろしくお願い致します。

     


    更新0827■GREENMACHiNE OFFICIAL MERCH■最終告知

    0

       

      ハードコア・パンクを血肉とする天魔波旬が、邪気を放つ亡霊前時代的ヘビーロックの鬼神達を皆殺し。北のルシヘル、劇薬を投下、魔物を引きちぎる戦闘マシン。GREENMACHiNEの音塊はそんなカタストロフィをも感じさせるアンダーグランドで唯一の存在として注目の的だ。最新音源も過剰過ぎない加減の良い楽曲が最高だし、吉川が戻り、MAXが加入した4人編成になってからのライブも必見な訳だ。そんな訳で、北陸の至宝日本代表Heavy Rock Han Dynasty、GREENMACHiNEからOFFICIAL MERCHANDISEのお知らせです。既にライブ会場で販売している数型に加え、ロングスリーブTシャツも新登場。予約締め切りは、明後日8月29日(月)正午まで。発売開始は、9月中旬を予定しています。

       

      ■GREENMACHiNE_LOGO EMBROIDERY TRUCKER MESH CAP■

      ■GREENMACHiNE_LOGO EMBROIDERY TRUCKER MESH CAP■■GREENMACHiNE_LOGO EMBROIDERY TRUCKER MESH CAP■

       

      ■BODY COLOUR:BLACK,刺繍色:WHITE
      ■MATERIAL:POLYESTER 100%
      ■BRAND:OTTO MANUFACTURE IN USA
      ■SIZE:FREE(58cm-63cm)背面のアジャスターで調節が可能
      #ロゴデザインは刺繍

       

      ■GREENMACHiNE_LOGO EMBROIDERY SNAPBACK CAP■
      ■GREENMACHiNE_LOGO EMBROIDERY SNAPBACK CAP■■GREENMACHiNE_LOGO EMBROIDERY SNAPBACK CAP■

       

      ■BODY COLOUR:BLACK,刺繍色:WHITE
      ■MATERIAL:ACRYLIC 70% WOOL 15%
      ■BRAND:OTTO MANUFACTURE IN USA
      ■SIZE:FREE(58cm-63cm)背面のアジャスターで調節が可能
      #ロゴデザインは刺繍

       

      ■GREENMACHiNE_ULTRA PRIMITIVE HARDCORE ROCK T SHIRT■

      ■GREENMACHiNE_ULTRA PRIMITIVE HARDCORE ROCK T SHIRT■

       

      ■GREENMACHiNE_GOD GREEN T SHIRT■

      ■GREENMACHiNE_GOD GREEN T SHIRT■

       

      ■BODY:BLACK x INK:WHITE (PRINT STAR社製5.6 oz)

      サイズ採寸値(メーカーが提示している数値ですが、ボディにより個体差がある場合があります。あらかじめご了承下さい。)

      160(X SMALL)着丈63cm身幅46cm肩幅41cm
      SMALL 着丈66cm身幅49cm肩幅44cm
      MEDIUM 着丈70cm身幅52cm肩幅47cm
      LARGE 着丈74cm身幅55cm肩幅50cm
      X LARGE 着丈78cm身幅58cm肩幅53cm
      XX LARGE 着丈82cm身幅61cm肩幅56cm
      XXX LARGE 着丈84cm身幅64cm肩幅59cm

      #XX LARGEは324円、XXX LARGEは432円のオーバーチャージが加算されます。

       

       

      ■GREENMACHiNE_ULTRA PRIMITIVE HARDCORE ROCK LONG SLEEVE T SHIRT■

      ■GREENMACHiNE_ULTRA PRIMITIVE HARDCORE ROCK LONG SLEEVE T SHIRT■

      ■GREENMACHiNE_ULTRA PRIMITIVE HARDCORE ROCK LONG SLEEVE T SHIRT■

       

      ■GREENMACHiNE_GOD GREEN LONG SLEEVE T SHIRT■
      ■GREENMACHiNE_GOD GREEN LONG SLEEVE T SHIRT■■GREENMACHiNE_GOD GREEN LONG SLEEVE T SHIRT■

       

      ■BODY:BLACK  (PRINT STAR社製5.6 oz)リブ無し

      サイズ採寸値(メーカーが提示している数値ですが、ボディにより個体差がある場合があります。あらかじめご了承下さい。)

      SMALL 着丈65cm身幅49cm肩幅42cm袖丈59cm 
      MEDIUM 着丈69cm身幅52cm肩幅44cm袖丈60cm 
      LARGE 着丈73cm身幅55cm肩幅48cm袖丈61cm 
      X LARGE 着丈77cm身幅58cm肩幅52cm袖丈62cm

       

       

      ■GREENMACHiNE_STANDARD LOGO T SHIRT■
      ■GREENMACHiNE_STANDARD LOGO T SHIRT■■GREENMACHiNE_STANDARD LOGO T SHIRT■

       

      ■BODY:BLACK x INK:WHITE & BLACK (PRINT STAR社製5.6 oz)

      サイズ採寸値(メーカーが提示している数値ですが、ボディにより個体差がある場合があります。あらかじめご了承下さい。)

      160(X SMALL)着丈63cm身幅46cm肩幅41cm
      SMALL 着丈66cm身幅49cm肩幅44cm
      MEDIUM 着丈70cm身幅52cm肩幅47cm
      LARGE 着丈74cm身幅55cm肩幅50cm
      X LARGE 着丈78cm身幅58cm肩幅53cm
      XX LARGE 着丈82cm身幅61cm肩幅56cm
      XXX LARGE 着丈84cm身幅64cm肩幅59cm

      #XX LARGEは324円、XXX LARGEは432円のオーバーチャージが加算されます。

       

      ■GREENMACHiNE x CYDERHOUSE T SHIRT GRAY■
      ■GREENMACHiNE x CYDERHOUSE T SHIRT GRAY■■GREENMACHiNE x CYDERHOUSE T SHIRT GRAY■

       

      ■GREENMACHiNE x CYDERHOUSE T SHIRT WHITE■

      ■GREENMACHiNE x CYDERHOUSE T SHIRT WHITE■■GREENMACHiNE x CYDERHOUSE T SHIRT WHITE■

       

      ■BODY:GRAY,WHITE (DALUC製4.6 oz)

      サイズ採寸値(メーカーが提示している数値ですが、ボディにより個体差がある場合があります。あらかじめご了承下さい。)

      X SMALL 着丈62cm身幅42cm袖丈17cm
      SMALL 着丈65cm身幅45cm袖丈18cm
      MEDIUM 着丈68cm身幅48cm袖丈19cm
      LARGE 着丈71cm身幅51cm袖丈20cm
      X LARGE 着丈74cm身幅54cm袖丈21cm
      XX LARGE 着丈77cm身幅57cm袖丈22cm

      #XX LARGEは324円のオーバーチャージが加算されます。
      #CYDERHOUSE=ドメスティックブランド

       

       

      こちらの商品は、予約品になります。

      予約締切は、明後日8月29日(月)正午まで。

      販売開始は、9月中旬を予定しています。

      こちらの商品は、受注生産品になります。ご予約された商品は、受注会終了後のご注文のキャンセルはご遠慮下さい。こちらの条件を同意の上でご予約をお願いします。

       

      ご注文は以下からどうぞ

      ■GREENMACHiNE OFFICIAL MERCH■

       

      引き続き、ご注文をお待ちしています。

       

      よろしくお願い致します。

       

      http://socorefactory.com/2016/10/29/


      更新0826■PEEL&LIFT_TWENTYth tee■販売開始

      0

        ■PEEL&LIFT_TWENTYth tee■

         

        DEVILOCK生誕20年プロジェクトTWENTYthが開始。
        その1つのプロジェクトとしてPEEL&LIFTとのコラボTシャツを発売。
        デザインはDEVILOCK遠藤氏の好きなバンドTHE CLASHの1984Tシャツをモチーフとしたデザイン。PEEL&LIFTらしさを残しつつもDEVILOCKの背景にあるロックの色を存分に出した最高傑作の1枚。(プレスリリースより)

        当時、雑誌で見かけた遠藤氏のデスクの横にクラッシュのオリジナルポスターを飾っていたのが印象に強かった事もありクラッシュのアートワークをモチーフにデザインしています。(PEEL & LIFT)

        ■material:cotton 100% 
        ■colour:ecru

        サイズ採寸値(洗い加工のため、若干の誤差はご了承下さい。)

        X SMALL 着丈65cm身幅45cm袖丈15cm 肩幅40cm 
        SMALL 着丈67cm身幅47cm袖丈18cm 肩幅42cm 
        MEDIUM 着丈69cm身幅49cm袖丈19cm 肩幅43cm 
        LARGE 着丈71cm身幅51cm袖丈20cm 肩幅44cm 
        X LARGE 着丈73cm身幅53cm袖丈21cm 肩幅45cm

         

        ご注文は以下からどうぞ

        ■PEEL&LIFT_TWENTYth tee■
         

        引き続きご注文をお待ちしています。

         

        よろしくお願い致します。

         


        更新0825■承諾広告 DEAD AND BURIED IN OPPA-LA江ノ島■

        0

           

          デジタル発信はいつからなのかという問に、昨日ビラ送ったから、後はよろしく的なまぁまぁいつもの流れでお知らせさせていただく、植地毅と高橋健一(a.k.a TAKACHO LONDON)両人によるエキシビジョン in 江ノ島OPPA-LAが開催目前。9月23日(金)から25日(日)までの期間中、最終日25日の16時からクロージングパーティーが行われるそうだ。クロージングパーティーは、入場料として1500円。エキシビジョンはエントランスフリーとのこと。今回のエキシビジョンに備え、各々物資を携えて来るとか来ないとか。FUÜDOBRAINも協力体制でありながら、あまり理解していないんだが。。クロージングパーティーは、植地サイドからは、坂本(TACOS UK)、GOCHO(HAZARD)、EL HEMP(SMASH YOUR FACE)、TAKACHOサイドからは、HIKARU(BOUNTY HUNTER)、HOSOYA(PEEL & LIFT)、NIGARA(GARA)のDJ陣が参戦。ひとまず、期間中は、全国各地からOPPA-LAに襲撃しない理由は他にない。で、ビラにナンバリングする時間があるのなら、いやそれも大事だろう。で、肝心な文言やテキストを送って欲しいんだが、これは次回のお知らせとする。到着と同時にはぎ取られて行くかのように目減りするフライヤーとポストカード。1%13からの告示でナンバリング入のポストカードは、1%13の商品購入者優先での配布だそうだ。

           

           

           


          更新0824■PEEL&LIFT_sheepskin inside-out jacket■受注会開始

          0

            ■PEEL&LIFT_sheepskin inside-out jacket■

             

            PEEL&LIFTから、今季冬のアウター大本命ムートンを使用したジャケットが発売されます。今回は、店頭やWEBでの受注を開始させていただきます。9月9日【金】〜11日【日】営業時間内には、実物サンプルを実店舗にて展示いたします。お時間ある方は、是非ご来店下さい。予約の締切は、9月12日【月】正午まで。販売は、11月下旬〜12月上旬を予定しています。完全受注販売アイテムとなりますので、ご希望の方は、ご予約をお願い致します。

             

            ■PEEL&LIFT_sheepskin inside-out jacket■

             

            ジョニーロットンがプレーンなウールの上着を裏返しに着て安全ピンだらけにして着ていたのを見たヴィヴィアンウエストウッドがそのアイデアを落とし込んだと言われているSEDITIONARIESのINSIDE-OUT JACKETはフエルトやフラノなどのウール素材だった。80年代のWORLDS ENDではBUFFALO COLLECTIONにおけるスタイルのキーアイテムとしてムートン素材のウェアをいくつか発表していた。この二つのイメージを合わせPUNKの時代にムートンのジャケットが作られていたらと想像してみた... 縫い代に裏のファーを見せる裏縫いのような処理やヘムを断ち切りにするムートン素材の製品にはよく見られる処理はPUNK的とも言えるので相性よくまとまったのではないだろうか。

            ■color : sand beige
            ■material: sheep 100%
            ■size : S , M , L

            SMALL 着丈:67cm,身幅50cm,袖丈62cm,肩幅41cm
            MEDIUM 着丈:69cm,身幅52cm,袖丈64cm,肩幅43cm 
            LARGE 着丈:71cm,身幅54.4cm,袖丈66cm,肩幅45cm

             

            こちらの商品は、予約品になります。

            予約締切は、9月12日(月)正午まで。

            発売は、11月下旬〜12月上旬を予定しています。

            9月9日(金)~11日(日)期間中は、実店舗でサンプルを展示いたします。お時間ある方は、ご来店下さい。

            こちらの商品は、完全受注生産品になります。ご予約された商品は、受注会終了後のご注文のキャンセルはご遠慮下さい。こちらの条件を同意の上でご予約をお願いします。

             

            ご予約は以下からどうぞ

            ■PEEL&LIFT_sheepskin inside-out jacket■

             

            皆さんのご予約をお待ちしています。

             

            ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

             

            よろしくお願い致します。

             

            ■PEEL&LIFT_sheepskin inside-out jacket■
             


            更新0823■臨時休業日のお知らせ■

            0

              いつも当店を御利用ありがとうございます!
              臨時休業のお知らせです!
              誠に勝手ではございますが、明日の8月24日(水)はお休みさせていただきます!
              通販、お問い合わせの対応は翌営業日8月25日(木)から順番に対応をさせていただきます。
              お客様へは、ご迷惑をお掛けしますがあらかじめご了承下さい。


              Our store will be closed temporarily on 24th on August.
              Sorry! And we look forward to serving you.
              Thank you

               


              更新0823■SALAD DAYS 特典付映画前売チケット■全国共通特別鑑賞券販売開始

              0

                米国版トレーラー

                 

                D.C.で生まれたDIYパンク・スピリットは、30年経った今なお若者が抱える不安、コミュニティの持つ影響力、そして信念が持つ強さを伝え続ける。

                 

                10月1日から新宿K's Cinemaから全国順次上映されるワシントンDC HARDCOREドキュメンタリー映画"SALAD DAYS"全国共通特別鑑賞券の販売を開始します。東京以外の上映館は、随時お知らせをさせていただきます。FUÜDOBRAINで前売りチケットご購入特典として、非売品ポストカード3種類をセットにしてプレゼント。こちらは数に限りがあるので、ご希望の方はお早めに。

                 

                ■SALAD DAYS 特典付映画前売チケット■全国共通特別鑑賞券 
                ■SALAD DAYS 特典付映画前売チケット■全国共通特別鑑賞券

                 

                 

                FUÜDOBRAIN特典ポストカードセット画像

                 

                 

                アメリカの首都・ワシントンD.C.における、初期のDIYパンク・シーンに迫ったドキュメンタリー『SAL AD DAYS』。イアン・マッケイ率いるマイナー・スレットやフガジ、バッド・ブレインズ、デイヴ・グロー ルも在籍していたスクリーム、ガヴァメント・イシュー、ヴォイド、フェイス、ライツ・オブ・スプリング、マ ージナル・マン...といった、日本でも人気の高い数々のパンク・バンドを輩出したこの地の“80年代”に焦点 をあて、当時の熱きDIYパンク・シーンと、そのバンドたちの音楽やスピリットが、いかに後世の音楽シーン に至るまでに強力な影響力を持つことになったのかを突き詰めた本作。 監督は12歳からD.Cパンク・シーンに親しみ、ハードコア・ファンジン「メトロジン」を立ち上げたミュージ シャン兼音楽評論家のスコット・クロフォード。彼とともに製作総指揮に加わったのは、写真家としてこのシー ンの第一人者であるジム・サー。

                彼らだからこそ撮れた本邦初公開となる写真やアーカイブ映像、当事者たちのインタビューは必見! 

                 

                 

                過激ゆえにメジャーの音楽業界が介入してこなかったハードコアと呼ばれる 80 年代の米国のパンクは、アンダーグラウンドのローカル・シーンだっただけに地域ごとにカラーがあって DIY で進められていた。そんな状況が凝縮されていたのが米国東海岸の DC シーンである。政府を抱えた米国の首都で小さな特区というシチュエ ーションが反映された DC では世界に類を見ない特異なパンク・シーンが育まれ、様々な点でパンクのイメージを塗り替えた。

                 

                まず音楽が革新的だった。黒人 4 人組の BAD BRAINS がパンク・ロックのネクスト・レベルのハードコア・ パンクをシーンに叩きつけたのだ。80 年にニューヨークに拠点を移してからレゲエとの“二刀流”になったが、 DC 時代に創造したグルーヴィかつエモーショナルなパンク・チューンは初期 DC ハードコアだけでなく、ブラック・ミュージックからの影響も取り入れたポスト・ハードコア以降の DC サウンドにも直結している。

                 

                70 年代末の BAD BRAINS の出現が DC のパンク・シーンを切り開き、80 年代に入ってからハードコアな新しいパンク・バンドが続々と頭角を現してきた。DC のハードコア・パンクは同時代の方の地域のバンドより速い前のめりのサウンドで、アメリカン・ハードコアのスタイルの一つになる。

                 

                DC シーンのパンク・スピリットはパンクの肝である DIY を突き詰めた。既成の音楽ビジネスが新興パンク勢力を相手にしてない時代でもあり、すべて自分でやらなければ始まらない。そんな中で DC は都会の小さな“街” だけに、圧倒的な少数派だった 80 年代初頭のパンク・バンドたちは仲間意識が高く、強固なローカル・シーン ができあがる。

                 

                歌や演奏のテクニックを気にせずバンドを始めること自体が DIY な行動の一つだが、ライヴもブッキングも 自分らでセッティングしなければ進まない。もちろん作品のリリースも同様で、狭い地域ゆえに初期 DC シーン は一つのインディ・レーベルが仕切ることになった。80 年の設立当時に DC シーンの中核バンドの MINOR THREAT に在籍したイアン・マッケイとジェフ・ネルソンが運営する、ディスコード・レコードだ。パンクらしく粗削りの録音のままレコードに刻み、当初はジャケットを糊で組み立てるのも手作業で行ない、安価でファンに提供してきている。企業のスポンサー無しのリアル・インディペンデント・レーベルだけに、当初政治的な 意図がなかったとしても既存のシステムや権威に対するアンチになり、オルタナティヴなアクションを行動で示 したことになる。

                 

                DIY はすべてが自分次第ということでもある。革命はまずは自己改革からであり、そんな根源的 DIY スピリットの一つの極端な形が、ストレート・エッジと呼ばれるライフ・スタイルだ。“禁煙(禁ドラッグ)”“禁酒”“禁 カジュアル・セックス”を謳い、イアン・マッケイが MINOR THREAT 時代に「Straight Edge」や「Out Of Step」 で歌った個人的な生活様式だが、期せずしてまもなく一つの思想になって色々と尾ひれが付きながら他の地域に広がっていった。DC シーンのすべてではないが、ロック伝統の破滅的アティテュードの“セックス、ドラッグ、 ロックンロール”に敢然と中指を突き立てた、DC シーンを象徴する挑戦的な姿勢であることは間違いない。伝統に対する反逆がパンクやロックであるならばまさにパンクやロックな在り方であり、これまたオルタナティヴ なアプローチである。

                 

                DC ハードコアをリードしてきたそんな MINOR THREAT の 83 年の解散はシーンの節目だった。ストレートに走るハードコア・パンク・スタイルが多様なポスト・ハードコアに移行していく決定的な“事件”だが、音楽的な変遷は内面の変化を反映している。より豊かな感情表現をすべく切ないメロディと多彩なリズムを取り入れ たポスト・ハードコアは、FUGAZI をはじめとして当時者のほとんどは肯定的に受け止めないジャンル名のエモ (エモコア)とも呼ばれていく。ハードコア・パンク経験者がメンバーを入れ替え合ってポスト・ハードコア・ アプローチのバンドを始めるケースが多かったが、色々と経験してきて突っ走るだけの単純な反逆で済ますこと を潔しとしない DC シーンの進化であった。

                 

                バンドがポスト・ハードコアへと移行する動きと共振した85 年夏のムーヴメントの“レヴォリューション・ サマー”は、DC シーンの分岐点になる。そこではあらためて暴力の問題もクローズアップされた。“腕力”がす べてを支配する米国に根深いマッチョ・アティテュードへの妥協無き反撃の一環である。

                 

                同時代の英国のパンク・ファッションほど派手ではなかったと思われるが、特に稀少だった 80 年前後 DC のパンクスは街中で目をつけられてボコられたという。それ以上に深刻だったのはライヴ中の“ヴァイオレンス” で、ライヴを観て興奮した自然なノリがあるとしても、屈強な体をぶつけてくるスラムダンスやダイヴも問題視。 とばっちりで半身不随になる例もあるからとはいえ、こういうことを議論して注意を促すところが DC シーンならではとも言える。この映画の時期からはやや外れるが、93 年に FUGAZI が行なった 2 度目の来日時の東京公演で、米国海兵隊員と思しき屈強な男性がムチャなノリをしていたのをイアン・マッケイが血相を変えてステージから注意していたことも思い出す。

                 

                米国政府のおひざ元での政治との関わり方も興味深い。80 年代の US パンク/ハードコア全般がそうであった ように、もともと DC シーンには英国の CRASS や DISCHARGE のようにストレートな歌詞のポリティカル・ バンドはほとんどいなかった。伝統的なレベル・ミュージックの方法論をなぞることなく、ネクスト・レベルの “反逆”を実践した一環と言える。でもシーンには知的に政治意識の高い人が多く、他の国のようにリベラルな政治イベントとライヴを組み合わせた催しが行なわれ、人種差別や性差別の問題も取り扱われていた。狭い地域 にもかかわらず DC のパンク・シーンでは黒人や日系、女性(BAD BRAINS、SCREAM、SWIZ、FIRE PARTY、 MARGINAL MAN、JAWBOX など)を含むバンドが常に活動していたことも特筆したい。

                 

                80 年代の米国のパンク/ハードコア・シーンの動きは 90 年代のオルタナティヴ・ロックの源流だが、精神性 も含めてその流れが最もピュアな形で見えてくるのが DC だ。他の地域のパンク/ハードコア・シーンとは違っ て 80 年代半ばにヘヴィ・メタルが混入することはなく、オルタナティヴ・ロックにつながる柔軟なポスト・ハ ードコアにほぼシーン全体が移行した特異な地だったからである。

                 

                その象徴が、NIRVANA 加入直前に在籍してハードコア・パンクから進化していく後期の SCREAM でドラム を叩いたデイヴ・グロール(現 FOO FIGHTERS)で、アンダーグラウンドもメインストリームも体験してきて いる彼ならではの的を射た発言が映画の中でも光る。DC シーンの DIY な活動が硬直した既存の米国の音楽業界 の土壌をゆっくりとやわらかくし、91 年の NIRVANA のブレイクにつながったというのも過言ではない。その橋渡しになったバンドが SONIC YOUTH で、リーダーだったサーストン・ムーアは DC シーンに対して理解が深く、外部の人間ならではのユニークな視点の発言は映画のいいアクセントだ。ちなみに SONIC YOUTH の 92年『Dirty』には、イアン・マッケイの弟がやっていた UNTOUCHABLES のカヴァーと、当時 FUGAZI のイ アンがギターを弾いた「Youth Against Fascism」を収めている。

                 

                有名無名問わず 80 年代の DC のパンク・シーンに関わったほぼすべてのバンドのメンバーが最低一人は出演して証言し、バンド以外の関係者も話を加えた映画である。ただし個々のバンドのキャラや音楽性や活動より、 当時の DCの街の社会的/政治的状況に言及しながらシーンの流れや特徴、現象、意識、姿勢を様々な角度から検証している。

                 

                『Salad Days』はスキャンダラスな話がほとんどないのがパンクとして以前に音楽ドキュメンタリー映画とし ても極めて異例だ。不良自慢みたいなネタとはほぼ無縁なのが、基本的に様々な意味で“クリーン”な DC シーンらしい。基本的な反抗精神をキープしつつインテリジェンスに富み、ニヒリスティックなパンクの価値観に抵触する良識の精神性の源泉も滲む。たとえば当時の US ハードコア・パンク・バンドは家庭問題などがよく表現のモチーフになっていたが、DC シーンのバンドの平均的な家庭環境を知ると他の地とは違う特異な部分がまた一つ見えてくる。

                 

                DC の友達のバンド以外リリースしないディスコード・レコードが象徴するように、地元へのこだわりの強さと結束の固さも伝わってくる映画だ。MINOR THREAT や FUGAZI のようにツアーをしたバンドも多いし排他的でも閉鎖的でもないが、DC シーンは他の地域よりもコミュニティ意識が強かった。映画の中の登場人物で DC シーンに直接関係してないバンドマンは、前述のサーストン・ムーアの他に J・マスシス(DINOSAUR JR 他) とティム・カー(BIG BOYS 他)ぐらいだ。外部の意見をほとんど入れず出演者を DC 内の人間で固めたことに より、外部のシーンの人間が容易に交わることができない DC シーンの“純潔性”も感じ取ることができる。

                 

                もちろん DC シーンも考え方が一つではない。ストレート・エッジをはじめとする節度をわきまえた生活態度や、政治性を打ち出したライヴ企画などの生真面目な姿勢に対して距離を置く、VOID や BLACK MARKET BABY などのバンドも混じっていた。映画ではそういった仲間うちの歪みや軋みも伝えている。ディスコード・ レコードもだてに“DISCHORD”と名乗っていない(ちなみにその綴りは、不協和音を意味する“discord”を あえて dis+chord[感情/和音]にして変形させた造語と思われる)。

                『Salad Days』がストイックにまとめられているのは DC シーンのリアルな空気感を真空パックしているから だ。堅く、硬く、固い映画である。でも、そもそもハードコアはそういうものだ。“Salad Days”というフレーズは MINOR THREAT がポスト・ハードコアの方向性を見せた末期の曲のタイトルでもある。“無経験な青二才 の時代/若くて経験の乏しい時期/世間知らずの若い頃”といった意味の言葉だが、若々しい緑をイメージさせながら未熟な青年期を表していて DC パンクにふさわしい。けどそもそも“punk”って“青二才/若造”のことなのである。 

                解説文:行川和彦(音楽評論家)
                

                80年代D.C.パンクの軌跡

                『サラダデイズ -SALAD DAYS-

                 

                101日(土)新宿K's cinema 全国順次公開

                 

                 

                監督:スコット・クロフォード 
                撮影監督・編集:ジム・サー
                製作総指揮:スコット・クロフォード、ジム・サー

                ■INTERVIEW 
                デイヴ・グロール、イアン・マッケイ 、ヘンリー・ロリンズ、J・マスシス、サーストン・ムーア …and more
                ■PERFORMANCE 
                バッド・ブレインズ、マイナー・スレット、ガヴァメント・イシュー、スクリーム、ヴォイド、フェイス、ダグ・ナスティ、ブラック・マーケット・ベイビー、ライツ・オブ・スプリング、マージナル・マン、フガジ …and more

                 

                #チケット単体の購入の支払い方法は店頭でのお引き取り、または銀行振込のいずれかになります。発送方法は、レターパックライトのみとさせていただきます。お間違えないようお願い致します。
                他の商品と合わせての購入は、佐川急便eコレクト、銀行振込、クレジットカード、PAYPALのお支払い方法が可能となっています。発送は従来通り佐川急便での発送になります。

                 

                ご注文は以下からどうぞ

                ■SALAD DAYS 特典付映画前売チケット■全国共通特別鑑賞券

                みなさんのご注文をお待ちしています。

                 

                よろしくお願いいたします。

                 


                更新0822■チャッカーズ_日本解放最前線 アナログLP盤 特典付■販売開始

                0

                  ■チャッカーズ_日本解放最前線 CD 特典付■

                   

                  元々の味付けが濃い分、エントリー回数が多いので、少しクドくなってきた感じも見受けられるが、遂に本日チャッカーズアナログLP盤発売を開始しました。予約のお客様分は対応済となっているのでご安心下さい。通販分は、早々にメールをお送りします。台風直撃日に発売とは偶然にすぎないですが、彼らの今後の社会的影響を考えるとあながち偶発的とは言えない波動が刷り込まれているかのよう。プレス枚数限定250枚!という極少枚数にも逸る気持ちを抑えられない筈だ。アンダーグラウンドの最前線。レベル・ミュージックとは何なのか。自分の耳で確かめてから、その一端に触れることによって、このこびりつく精彩を放つ音塊に心を揺さぶられることだろう。LPと同時にCDも再再再入荷。当店特典として、引き続きLPには55mm特大缶バッジ、CDには25mm缶バッジを購入者全員にプレゼント。

                   

                  ROCKY&TheSWEDENの復活ギグに参加し、湘南〜横浜地域のアンダーグラウンドシーンで話題沸騰中のチャッカーズデビューアルバムがリリース! 

                   

                  2015年湘南地域の実力派ミュージシャンが集まり結成。タイマーズよろしく匿名でのクレジットとなっているが、各々が相応のキャリアと実力を兼ね備えた8人によるスーパーバンド。タイトルからご察しの通りその内容はかなりイリーガルなものとなっているが、ヴォーカル着火舌郎(通称チャカさん)のリーダーシップの元繰り出される音像はレゲエ、ファンク、シティポップ等を湘南フィルターを通して抽出したアダルト感満載の極上スモーキーサウンド。一回聴けば忘れられないキャッチーな歌にやられちゃった人が続出しております!当レーベル史上かつて無かったクオリティの音質でお届けします!【リリースインフォ】

                   

                  ■チャッカーズ_日本解放最前線 LP 特典付■


                  (FADE-IN RECORDS / FIRC-026LP)

                  sideA:1.チャッカリチャッカ 2.ブリ炙りブリ 3.シケモクでゴメンネ 4.ガンジャガンジャ
                  sideB:1.彼女が巻いてくれたりしたらもう最高だ 2.ブラウニーレイディ 3.アカプルコゴールド
                  FIRC-026LP/12inch Vinyl/8tracks/¥2500(税抜)

                   

                   

                  ■チャッカーズ_日本解放最前線 CD 特典付■

                  ●チャッカーズ / 日本解放最前線
                  (FADE-IN RECORDS / FIRC-026)
                  1. チャッカリチャッカ
                  2. ブリ炙りブリ
                  3. シケモクでゴメンネ
                  4. ガンジャガンジャ
                  5. 彼女が巻いてくれたりしたらもう最高だ
                  6. ブラウニーレイディ
                  7. アカプルコゴールド

                   

                   

                  ご注文は以下からどうぞ

                  ■チャッカーズ_日本解放最前線 LP 特典付■

                  ■チャッカーズ_日本解放最前線 CD 特典付■

                   

                  引き続き皆さんのご注文をお待ちしています。

                   

                  よろしくお願い致します。


                  更新0821■SxOxB COTTON TWILL CAP■入荷告知

                  0

                    ■S.O.B_LOGO COTTON CAP■

                     

                    ■S.O.B_LOGO COTTON TWILL CAP■

                    SIZE:FREE(61cm-66cm)背面のアジャスターで調節が可能
                    COLOR:BLACK

                    MATERIAL:POLYESTER 65% COTTON 35%

                    BODY:OTTO (USA BRAND)

                     

                    全画像→01020304
                     

                    久しぶりの再入荷です。よろしくお願いします。


                    更新0821■ウェブストア送料改定のお知らせ■

                    0

                       

                      いつも当サイトウェブショップをご利用いただきありがとうございます。

                       

                      通信販売送料見直しのお知らせになります。

                       

                      2016年9月1日以降からのご注文に関しまして、全国一律送料を従来の¥500(税込)から¥540(税込)へ変更させていただきます。沖縄県、離島へのお届けはご注文時に別途ご案内させていただきます。9月1日以前のご注文につきましては、従来通り全国一律¥500(税込)にてお届けをさせていただきます。

                       

                      15年程前から変わらない運賃で対応をさせていただいておりましたが、運送会社の運賃値上げ、梱包資材の高騰等や消費税値上げにより通信販売の今までの送料を維持する事が難しくなっております。

                       

                      日頃よりご利用いただいておりますお客様にご負担をおかけすることとなりますが、更なる品質・サービスの向上に
                      努めてまいる所存でございますので、何卒ご理解・ご了承賜ります様、お願い申し上げます。


                      | 1/308PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << August 2016 >>
                      THE WHO

                      selected entries

                      archives

                      links

                      profile


                      iPhoneもWidget World(ウィジェット・ワールド)

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode
                      © COPYRIGHT 1997-2016 FUÜDOBRAIN. All Rights Reserved.